男性からの好意が気持ち悪いと感じる原因や心理と解決法

例えば、あなたが好きな男性があなたに好意を持っていると知ったら、それは嬉しいことですが、その好きという気持ちが不思議と冷めてしまうことがありませんか。

なぜか好かれると気持ち悪いと感じたり冷めてしまうのは、どうして?

自分に好意を持ってくれている男性がいるとします。

その男性の存在を大切に思うはずなのに、気持ち悪いと感じてしまうこともあるかもしれません。

好きな人と両想いとわかると好きな気持ちが冷めてしまったり、自分に好意を持ってくれている男性がいても、気持ち悪いと思ってしまっては、ずっと彼氏ができないのではないかと思いますよね。

そもそも、女性はどうしてそのように感じたり、そういう気持ちになってしまうのでしょうか。

その原因や心理、そして解決法を紹介します。

蛙化現象とは?

蛙化現象という言葉を聞いたことがありますか?

『かえるかげんしょう』と言います。

好意を向けられている相手に対して冷めてしまったり、気持ち悪いと思ってしまう、この気持ちは蛙化現象を知ることで解決していくと思います。

詳しく紹介しますね。

蛙化現象の由来

まずは、蛙化現象の由来をお話します。それはグリム童話の「かえるの王さま」です。かえるの王さまのお話です。

ある国の王女が、泉に金の鞠を落としてしまいます。

そこへカエルが「自分を王女様の友達にしてくれて、隣に座って同じ皿から食事を取って、あなたのベッドで寝かせてくれるのならば、池に落とした金の鞠を拾ってきてあげよう」と申し出ました。

王女は鞠を取り戻したい一心で、その条件を受け入れました。

しかし、王女は鞠を取り返すと約束を破ってカエルを置いて帰ってしまいました。

王女が家族と夕食を摂っているとき、カエルが城に現れて王女に約束を守るように要求します。

王は王女から、その出来事を聞いて、約束を守るように命じました。

王女が嫌々ながらもカエルと一緒に夕食を摂り、その後、カエルは王女のベッドでの一緒に寝ることを要求した。

王女は怖さと気持ち悪さから泣いて拒否したが、王の命令で寝室へ行くこととなった。

事の成り行きに腹を立てた王女はカエルを掴み、寝室の壁に叩きつけた。

そのおかげでカエルの魔法が解け、立派な王に戻った。

これまでの無礼を詫びた王の求婚を受け、二人は幸せな結婚をしました。

つまり、蛙が王さまになって幸せになるわけです。

この物語で、蛙は嫌悪の対象となり、王さまは好意の対象となります。

気持ち悪いと思う蛙なのに、ステキな王さまになり王女の気持ちを掴んだ『かえるの王さま』ですが、『蛙化現象』は、男性からの好意を知った途端に相手に嫌悪感を抱いてしまうわけです。

その心理について次に紹介します。

蛙化現象の心理

その原因は、自分に自信がなさすぎることや、相手を見下していることです。

自分に極端に自信がなくて、自分のことを好きではない女性の場合、男性が自分に好意があることを知ると

『自分のことを好きになってくれるのは嬉しいけれど、私は価値がない人間だし、相手は自分のことをきちんとわかってくれていない』と心のどこかで思っているのです。

ですから、相手の気持ちを受け入れられず、相手に対して嫌悪感とて現れて『蛙化現象』が起きてしまうのです。

もう1つの、相手を見下している場合も、根本的には自分のことが嫌いなのです。

自分のことを価値がない、価値が低いと思っているので男性からの好意を知ったとき『価値のない自分のことを好きになるなんて、その人は見る目がない、ろくでもない人』と、その男性のことを判断してしまい蛙化現象が起きてしまうのです。

でも大丈夫です。治し方がありますよ。解決法を紹介しますね。

解決法

まず大切なこと、それは自分のことを好きになることです。

自分に自信がない人も、相手を見下してしまう人も自分のことを好きになりましょう。

でも自分のことを好きになるって難しいことです。

コンプレックスが強くなりすぎたり、正しく自分のことを見ることができていない状態です。

そこで、自分のマイナス面を考えてみましょう。そのマイナス面は、本当にマイナスなのかを考えましょう。

信頼できる人に客観的に判断してもらいましょう。そして自分の魅力を知りましょう。

自分では、マイナスと思っていることも周りの人からは、そんな風に思われていないことが多いので、信頼できる人からの意見を聞いてみてください。

また、あなたに好意を持ってくれている男性に、あなたの悩み(マイナスと思っている面)を、その男性に打ち開けてみませんか。

きっと受け入れてくれると思います。

自分のマイナス面が、そんなに深刻なことではないと知ることで、自分自身を受け入れられるようになると思います。

そして自分に好意を持ってくれている男性に自分の魅力を聞いてみるのも良いですし、周りの友達などに聞いてみるのも良いですし、なんらかの形で自分の魅力に気付くことで『蛙化現象』は起こらなくなります。

自分のことを知り、第三者の協力を得ながら受け入れ、魅力を知り自分を好きになると蛙化現象は起こらなくなり、ステキに恋愛ができるようになると思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク