オセロ症候群は治る?恋人に症状がある場合の接し方

恋人の束縛がすごい、恋人が些細なことで嫉妬してくるということはありませんか。

もしかしたらその恋人は、オセロ症候群かもしれません。今回はオセロ症候群の特徴と、接し方についてみていきます。

オセロ症候群とは

オセロ症候群とは、シェイクスピアの悲劇、「オセロ」から名づけられた症候群です。オセロは妻の不貞を疑い暴走してしまった男の悲劇です。

このオセロのように、恋人の浮気を疑ったり、不安な気持ちになって束縛したりすることをオセロ症候群と言います。

芸能人をかっこいいと言うだけで怒ったり、異性の友人と会話していただけで浮気だと責められたりするということがあれば、その恋人はオセロ症候群かもしれません。恋人に嫉妬するのは普通のことですが、その嫉妬の度合いが異常だと、オセロ症候群の疑いがあります。

オセロ症候群の治し方

専門家に任せることが一番です。妄想障害など、何かしらの精神疾患を併発している可能性もあるため、カウンセリングなどを受けて対応することが無難です。

オセロ症候群の恋人を安心させようと相手をし続けると、徐々に相手の要求がエスカレートして、ついていけなくなる可能性が高いです。また、オセロ症候群の本人が自分でどうにかしたい場合は、

・新しい趣味を始めて恋人との時間を減らす

・SNSをやめる

・自分が考えすぎなことを自覚する

と言ったことが有効な手段となります。恋人のことで頭がいっぱいだと悪い考えも浮かびやすいため、恋人のことを考えない時間を増やすことが有効な対策となります。

オセロ症候群の恋人との接し方

オセロ症候群の人は相手の行動を責め、不安にさせた方が悪いというスタンスでいることが多いです。

そのため、オセロ症候群を恋人に持つ側は、自分が悪いと思い込み、相手の要求に応えようとします。恋人に振り回されて精神的に参ってしまうことがよくあるケースです。オセロ症候群の恋人には

・自分が悪いと思い込まないようにする

・嬉しいこと、嫌なことをはっきりとさせて気持ちを素直に伝える

・相手に趣味やゲームなど自分の時間を作ることを進める

・こちらも自分の時間を作って恋人に縛られないようにする

・一人で悩まないで誰かに相談する

などの工夫をして関わるといいでしょう。相手のペースに巻き込まれないようにすることを常々意識するようにしましょう。

まとめ

異常な嫉妬や不安、妄想を示すオセロ症候群が恋人の場合、相手の言うことを全て受け入れることはせずに誰かに相談することが大切です。

相手を不安にさせる自分が悪いと思わないことが大切です。ちょっとした工夫で関係性が改善する可能性もあるため、無理のない範囲でできることをやってみるといいでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク