【恋愛】ツァイガルニク効果を使うと驚くほど恋に効果がある!方法・使い方

過去に失敗したことや、中途半端にやり残したことっていつまでも覚えていますよね。その時のことがフラッシュバックするということもあるでしょう。

成功したことよりも、失敗したことの方が覚えていることを、ツァイガルニク効果と言います。このツァイガルニク効果を利用すれば、恋愛で相手の気を引かせることも可能なのです。

ツァイガルニク効果とは

ツァイガルニク効果とは、達成したことよりも、中途半端にやったことやり残したことの方がよく覚えていることを指す心理学用語です。

人は何かをやり遂げて終わらせると、そのことに満足します。やり遂げたことでその物事は現実性を失い、心の中で過去のものとして区別されるのです。

これがやり遂げていないことだといつまでも現実性を持ったまま、心の中に残ります。そのため、無自覚に意識してしまうのです。

ツァイガルニク効果を利用した恋愛テクニック

ツァイガルニク効果を応用すれば、恋愛にも生かすことができます。相手に達成したという気持ちにさせなければ、ずっと意識されるわけですから、その心理を利用しましょう。

相手を中途半端な状態にすることがコツです。以下ではツァイガルニク効果を利用したテクニックを見ていきます。

あえて返信を遅らせる

返信が来ていない状態は、相手にとって、中途半端な状態であると言えます。相手は早い返信を欲しがっています。返信がなかなか来ないと、その間相手はこちらのことをあれこれ考えてくれる可能性があります。

いつも遅いと相手も慣れるでしょうが、時折返信を遅らせることで、相手がこちらのことを特別意識してくれるでしょう。

簡単に体の関係にならない

特に女性の場合、男性に簡単に体を許すと、男性はその女性を征服した気分になり、ある意味クリアだと思います。そのため、簡単に体の関係にならずうまくじらすことで、相手を中途半端な状態にさせて、こちらに気を引かせることが可能になります。

自分の情報を小出しにする

自分のことを話すことは恋愛において大事ですが、情報を小出しにすると効果的です。

謎がある状態をキープするわけです。相手もわからないことがあれば、もっと知りたいと思うでしょう。こちらがこういう人間なんだと判断されないように、ミステリアスな部分を残して興味を惹きつけましょう。

まとめ

ツァイガルニク効果は、達成したことをよりも、達成できず中断していることの方が記憶に残るという現象のことです。ツァイガルニク効果は恋愛に応用が可能です。

ツァイガルニク効果を上手に利用することによって、相手にこちらを意識させて、目当ての異性をゲットしましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク