【束縛の種類】束縛が激しい彼や男性の特徴・注意すること

彼氏の束縛が激しいことで悩む女性は、世の中にたくさんいます。

どうして彼氏は自分のことをそれだけ束縛するのか、また、そのような彼氏にどうやって対処すればいいのかわからないという人のために、男性の束縛のパターンと対処法についてまとめました。

この記事を参考にして、彼氏といい関係を築いてくださいね。

束縛彼氏の特徴やパターン

自信がない

自分自身のことを好きでない彼氏は、束縛してくることが多いです。自己評価が低いため、彼女が自分を見捨てるのではないかという不安といつも戦っています。

その不安を解消するために、彼女のことを束縛します。何回も彼女に自分のことが好きか確認し、彼女が自分の手元にあるのだと実感することで、心の安定を図ります。

彼女のことが好きすぎる

彼女のことが好きすぎて、不安になるというパターンです。自分の彼女は世界一かわいいから、世の中の男が無視するはずがないと思っています。

変な男から彼女を守るんだ、ずっと自分のそばにいてもらうんだという気持ちから、彼女のことを束縛します。

自信がないパターンと同じく不安が大きいため束縛しますが、自分に自信がないというよりも、彼女に盲目すぎて不安になり束縛するというパターンです。

彼女のことを信用していない

浮気している女性をたくさん見てきた男性に多いです。特に彼女のことを流されやすい人だと思っている場合は、自分が管理しなければならいという変な責任感にかられています。

恋愛に関して、彼女のことを全く信用していないため、自分でどうにかしようとしています。

束縛そのものが楽しい

不安などから束縛するのではなく、純粋に誰かを支配することが好きというパターンです。

女性を縛り、自分のものにすることに快感を覚えます。悪いことをしているという自覚はなく、やりたいからやっていると思っているだけのタイプです。

束縛彼氏の対処法は?

彼氏が束縛をしてくるのは、不安が原因のパターンが多いです。

そのため、彼氏の不安を解消するようにしましょう。また、自分も一人の人間であり、彼氏の思い通りになるおもちゃでないということをはっきりと伝えることも大切です。具体的には以下のような方法があります。

彼氏のいいところや好きなところを伝える

彼氏のことが好きであるということをきちんと言葉にして伝えましょう。

彼氏が一番であるとはっきり言いましょう。自分が一番だとわかれば安心でき、他の彼氏のいいところや、好きなところを伝えるのも効果的です。

こうすることで彼氏は彼女に好かれていることを自覚でき、安心することができます。

許せること、許せないことを言う

自分にとって許せること、許せないことを伝えましょう。こうされることは嫌だときちんと説明します。自分にも自由があり、彼氏の道具でないときちんと伝えましょう。

自分でどうにかできないと思った場合は、誰かに相談することをおすすめします。また、束縛彼氏は彼女のことを責める傾向にあるため、自分が悪いのだと思い気づかないうちに正常な思考ができなくなっている場合もあります。困ったら抱え込まず専門家や信頼できる人に相談しましょう。

まとめ

束縛や強い口調の裏には不安な気持ちが潜んでいるケースが多いです。不安を解消しつつ、自分の意見をはっきりと言うようにしましょう。二人だけの問題だと思わずに誰かに相談することも、対象法の一つになります。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク