嘘を見破る方法!仕草で見抜ける嘘の見分け方10選

人は毎日のように嘘をついているという話があります。私たちは生きていくうえで多くの嘘をつきますし、相手に嘘をつかれることもあります。

嘘といっても、どうでもいい些細なことから、浮気など重要なことに関わる嘘まで、様々なものがあります。もしも重要なことに関する嘘を見抜けることができたらいいのに、と思ったことはありませんか。

ここでは仕草や言葉遣いといった情報から、相手の嘘を見抜くコツをお教えします。

嘘を見抜くにはここがポイント!

人が嘘をつくときにやってしまいがちな動作というものがあります。

あなたの恋人や友人も、もしかしたらあのとき嘘をついていたということがわかるかもしれません。嘘を見抜くポイントを10個用意しましたので見ていきましょう。

視線が不自然

嘘をつくとき、右上を見るとよく言われています。特に男性は、やましいことがあると目をそらしがちです。

女性は男性とは逆で、相手の目をよく見てくる傾向があります。女性相手の場合は、こちらの目を見ているから嘘をついていないと思わない方がいいでしょう。

まばたきが多い

まばたきの多さも嘘のサインです。表面上はごまかせても、まぶたはごまかせないわけです。

手足を組んだり顔を隠したりする

腕や足を組む動作をやけに行ったり、手で顔を隠している場合は、平常心ではない可能性が高いです。

早口

早口なのは、一種の興奮状態です。好きなことを語っているわけでもないのに早口な場合、嘘をついている可能性があります。

言葉数が極端

言葉数が極端に少なくなる場合は、やましいことがあるため多くを語りたくないという心理で、極端に多い場合は、取り繕うために多くを語り自分のことを自然に見せたいという心理から来る行動です。

話の流れが変

質問をしているのに違うことを言い出すなど、会話の流れがおかしい場合は嘘をついている可能性があります。

質問で返す頻度が多い

質問で返すことで、自分の話題を終わらせようとします。話を逸らしてごまかしたい気持ちから、相手の発言に対して、いつもよりも多く質問で返します。

曖昧な返答しかしない

こちらの質問に対して曖昧な返答しかしないのは、言いたくないか、自然な答えを用意できないかのどちらかです。何かしらの嘘をついている可能性が高いです。

声の大きさがいつもと違う

極端に大きな声を出すのは、威嚇することによるごまかしです。また、極端に声が小さいのは、自信のなさの表れです。

いつもより優しい

相手が男性の場合でいつもよりやけに優しい場合は、何かしらやましいことがあることが定番です。何か隠し事をしている可能性が高いです。

まとめ

嘘をついているとき、人は自然であろうとします。しかし、無理に自然になろうとするため、逆に極端な行動をしてしまうわけです。相手の不自然に目がいくようになれば、嘘を見抜けるようになるでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク