【恋愛・対人】疑心暗鬼を克服する7つの方法

恋人や友達、知り合いに対してついつい疑心暗鬼になってしまうこと、ありますよね。

恋人のちょっとしたことで浮気を疑ってしまったり、ひそひそ話が自分のことかもと気になったり、疑心暗鬼に陥ると苦しいものです。

できるだけ辛い気持ちをなくせるように、7つの方法を試してみてください。

不安を取り除く

疑心暗鬼になる人は、現状何かしらの不安を抱えている可能性があります。

例えば仕事や勉強、家庭のことなど今疑心暗鬼になっている以外で何か不安に思っていることはありませんか?もしもあるのならそちらをまず解決しましょう。

疑心暗鬼の理由を考える

今疑心暗鬼になっている理由を考えるのも方法のひとつです。

恋人であれば何か嘘をつかれただとか、友達ならひそひそ話をされているなど、最初に疑心暗鬼になった理由を考えます。

考えてみると大したことではなかったり、もう少し様子をみてもいいかもと思えることがあります。

疑心暗鬼の理由に共感する

疑心暗鬼の理由が忘れられなかったら、一度紙に書いて次の日に読み返してみましょう。

読み返してみて、確かにこれは酷い、疑心暗鬼になるのも仕方ない、と自分で自分に共感します。

それだけで心がプラス思考になり解決策も浮かびやすくなります。

自分磨きをする

疑心暗鬼になる時には自分に自信がなくなっていることが多いです。

特別な体験をしてみたり、いつもより運動をしてみたり、髪を切って見たり、気分転換と共に自分磨きをしてみましょう。

自分に自信がついたら急に不安だったことがどうでもよくなることもあります。

信じたいと思える人と付き合う

疑心暗鬼が長く付きまとっているという人は特に、疑心暗鬼になった時にそれでも信じたいと思える人と付き合うように心がけるといいでしょう。

疑心暗鬼になりやすいというタイプの人はいますから、そんな気持ちになったときでも別れたくない相手を大切にします。

裏返せば、疑心暗鬼になったときに信じなくてもいい人とはさよならすればいいと思うと普段から気が楽になります。

疑問は早めに解消する

疑心暗鬼になると最初のきっかけからどんどん悪い方向に気持ちがいきがちです。

そうなる前に最初のきっかけについての疑問を解消してしまいましょう。

自分だけで考え込むと悪いことを想像しがちですが、直接相手に聞いてしまえばなんでもないことの方が多いものです。

一人の相手に依存し過ぎない

普段から一人の相手に依存し過ぎないことも大切です。疑心暗鬼が苦しいのはその相手と付き合わなければいけないと思っているからです。

独りでいても苦にならない、あるいは他にも一緒にいて楽しい相手が複数いれば一人に疑心暗鬼になってもそれほど深刻にならずに済みます。

誰でも疑心暗鬼になってしまうもの

疑心暗鬼の克服方法についてまとめましたがいかがでしたか?

誰でも疑心暗鬼になってしまうことはあるものです。思いつめずに誰かを頼ったり、自分で思い返して本当に深刻なことなのか考えてみましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク