嫉妬が苦しくて別れたい!混乱した時の気持ちを解決する方法

彼のことが好きだからこそ、彼を取り巻くすべてのものに嫉妬してしまう時もありますよね。

もやもやした気持ちをつい彼にぶつけてしまったり、そんな自分が嫌になって別れを考えてしまうことも。でも嫉妬してしまうのは本当に彼のことが大切だから。

別れる前に気持ちを整理して落ち着ける方法を試しましょう。

自分を磨く

嫉妬をしてしまうのは自分に自信がないからという理由がひとつ。

周りがみんな素敵に見えてしまって彼もそちらに惹かれるのでは?

と考えてしまいます。自分を磨いて自分に自信をつけると、嫉妬心も薄くなるはずです。

彼に褒めてもらう

これも自分に自信をつけるための方法です。どんなに周りの人が素敵に見えても、彼は自分を選んだことを思い出してください。

あなたに価値があることは彼が一番知っていますから、偶には口にしてもらいましょう。

でも、毎日のように「私の好きなところを言って」なんて問い詰めたら反対に嫌になられてしまうかもしれませんから、どうしても自信を失った時に使ってみてください。

嫉妬してもいいと考える

そもそも、嫉妬をしてはいけないと思うから辛いのです。彼はあなたが選んだくらい素敵な人なのですから、他の人に好かれるのは当たり前です。

そして、あなたの彼なのですから嫉妬するのも当たり前。ちょっとくらいのやきもちは彼もかわいいと思ってくれますよ。

力を抜いてそれだけ彼のことを好きなんだなあとプラスに考えてみてください。

付き合う前のことを思い出す

付き合い始める前のことを思い出すのもひとつの手段です。

付き合う前は彼についてもっともやもやしていたのではないでしょうか。今は嫉妬という言葉で片づけられるようになったその気持ち、付き合えていなかったら悲しいだけだったことでしょう。

嫉妬で片づけられる今は幸せかもと思ってみてください。

思考のスパンを長くする

嫉妬を覚えるのは自分が不安になっているときが多いとされています。

例えば先週デートにいったけど今週は構ってくれていない。そんな期間で考えていては不安は増えていくばかりです。

彼と付き合ってからどのくらい愛されていますか?その愛情は短時間で変わるものではありません。

彼に依存し過ぎていないか振り返る

嫉妬が大きいひとは彼に依存し過ぎている傾向にあります。彼のことで頭がいっぱいだから、彼のひとつひとつ、または彼の周りのひとたちのひとつひとつが気になるのです。

偶には彼以外にも目を向けて友人と遊んだり一人で出掛けてみましょう。

二人きりの時間を作る

嫉妬に疲れたら偶にはお出かけをやめて二人きりで過ごしてみましょう。

彼の愛情をしっかり感じて、自分が彼の恋人だということをきちんと思い出してください。彼が誰に好かれても、恋人はあなただけなのです。

嫉妬は愛情の証

嫉妬の苦しさを解決する方法についてまとめましたがいかがでしたか?嫉妬をしてしまうのは仕方がないことです。

あまり苦しまずに、そんなに嫉妬心が芽生えるくらいに愛せる彼に出会えたんだと自信を持ってくださいね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク