「性格が歪んでいるかも」と感じたら!歪みの特徴チェックと治し方

周りの友達や職場の人を見ていると、なんとなく自分の性格は歪んでいると感じることはありませんか?

性格が歪んでいて自分が嫌いだから治したい

自分は性格が歪んでいて嫌い、こんな性格の悪い自分を治したいと思っている方がいると思います。

性格が歪んでいると、友達もできなくなるかもしれないし、仕事も円滑に進まないかもしれません。

また恋愛も長続きしないかもしれませんね。

そのようなことでお悩みの方へ、性格の歪みの特徴や治し方を紹介します。

性格の歪みのチェックと特徴

では具体的に多く言われている性格の歪みを紹介します。

嫉妬系

人が幸せでいることが素直に喜べなかったり、自分より他の人が注目されていることに腹を立てやすい。

見下し系

周りの人を容姿で笑いものにしたり、悪く判断したり、自分と比較して相手の劣っている面を探し見下し優越感を感じます。

我儘系

嫌な事をすぐに態度に表したり、自分は優しくされることが当たり前と思い感謝の気持ちがない人のことです。

いかがですか?

あなたは、これらに当てはまりますか?

人間ですから、完璧な人はいないと思いますし、少なからずこういう面を持っている方はいると思います。

しかし、このように性格が歪んでいると、自分もかなり辛く苦しいと思います。

そこで、解決法・治し方を紹介します。

治し方

性格を治すことは難しいですが、不可能ではありません。

まず大切なこと、それは自分自身とコミュニケーションを行うことです。

自分自身とのコミュニケーション方法が、他の人とのコミュニケーションになります。

無意識ではありますが、普段私達は、自分自身にしていることを他の人にもしてしまうものなので、嫉妬も見下しも我儘も全ての症状は自分に自信がなかったり、自分に対しての愛情が足りていないことが原因とされます。

つまり、自分のことが好きではない人が、このような症状に悩んでいることになります。

性格が歪んでいる人は、自分のことが好きではないということですね。

心のどこかで自分はダメな人間だと非難してしまっていることからの反動で、意識的に優位に立とうとしてしまいます。

無意識に自分と他の人を比較して劣等感に苛まれているのですね。

ですから、治すためには「自分自身を好きになる」ことです。

できそうでしょうか?

そんな簡単には難しいかもしれませんね。

自分自身を好きになることを考えてみましょう。

自分自身を好きになるためには

自分を好きになるために大切なことは、2つあります。

1つは、人に好かれるためではなく自分が自分を好きになるため、そして2つ目は、何をするのかではなく、どのような人間になるのかということです。

自分ではなく他の人のことを考えるのではなく、自分が自分を100%大好きになれる自分象・自分自身が満足できる自分象を考えてみましょう。

自分自身を大好きになれると、周りの人にも同じように接することができるようになります。

周りの人に自分自身と同じように愛情たっぷりに接することができれば、周りの人からあなたは剝かれるようになります。

周りの人から愛されるから、そんな自分を好きになるのではありません。

自分を愛しているから周りの人のことも愛せて、だから周りの人はあなたを愛してくれるようになるという順番です。

自分は、どんな人になりたいのか、理想の自分象、新しい自分象が身についてくると劣等感や自己嫌悪している時間が減っていきます。

そうなると自分のことが好きになって心が安定していきます。

内面が変わってくると、他人への態度や発言も変わっていきます。

あなた自身は、そのことに気付かなくても周りの人は気づいていると思います。

周りの人は、あなたの変化に気付き、その内面の美しさを知り愛される人になっていきます。

まとめ

性格は、生まれて時から持っているものとも言われていますし、育った環境により変化するとも言われています。

どちらも正しいのかもしれません。

しかし、だからと言ってそのままだと友達もできないかもしれませんし恋愛もできないかもしれませんし、何よりも自分自身が苦しいと思うので、そこから抜け出したいですよね。

歪んだ性格は治せます、

今すぐに!というのは難しいですが、自分自身を愛することで、変わっていけるので、諦めないで内面を変化させていってくださいね。

自分自身を好きになり、心が落ち着いて安定し、周りへも優しく接することができるようになると、あなたは今よりもずっとハッピーな毎日になると思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク