ミスばかりで落ち込む…失敗を気にしない対処法7選

誰でもミスをすると落ち込みます。あの時こうしていればと後悔することも少なくありません。

しかし、いつまでも落ち込んでいるわけにもいきません。

どこかで区切りをつけて前に進む必要があります。ミスをミスとして反省し、さっと切り替えるには、どうしたらいいのか、みていきましょう。

失敗を気にしない対処法は?

ミスをした後にいつまでも失敗を気にしていては仕事に支障が出てしまいます。

あまりにも悩みすぎるとうつ病の原因になる恐れもありますし、さらにミスを重ねてしまう危険性も出てきます。

ミスをしたときは何かしらの方法を用いて気持ちを切り替えて、次に前向きにつなげる工夫が必要なのです。

・失敗メモを作る

自分が失敗したときのことをメモにとりましょう。どうしてミスをしたのか、ミスをしてどのような気持ちになったのか書くのです。

そして、それを見て、これからどうすればいいのか書きましょう。全て書き終えたたら、この件はもう終わり、と心の中で言ってメモを閉じてください。

反省をしたら、さっぱり忘れるように自分に言い聞かせるのがコツです。

・次に失敗しないために改善できることは改善する

失敗をしたときは、失敗をしたことばかりに目がいきがちです。そこで自分の目線を変えてみましょう。

過去ではなく未来を見るように意識するのです。次に失敗しないためには今何ができるか考えます。

改善できることが見つかったら、即行動することが大切です。何かをしていれば、失敗してしまったというモヤモヤも段々薄れていきます。

・人間にミスはつきものだと思う

人間誰しもミスをするものです。自分も人間なのだからミスをすることもあると開き直りましょう。

気づかないうちにミスを恐れて完璧主義になっていないか、自分の考えを見直すといいでしょう。

・日常生活を見直す

ミスが多いときは、日常生活が乱れていることがよくあります。睡眠、食事など、身の回りの整理整頓など、おろそかになっているものがないか見直しましょう。

これらのことを見直し改善することは、健康につながるだけでなく、気分転換にもなります。

・リラックスできるものを取り入れる

アロマを用意したり、ココアやコーヒーを飲んだりするなど、自分がリラックスできるものを日常で取り入れてみるのも一つの手です。

知らず知らずストレスがたまっている場合、導入すると効果が出てパフォーマンスが向上します。後ろ向きな気持ちも改善できる可能性がありおすすめです。

・おもいっきり遊ぶ

ミスをしたときはそのことばかりに目がいっています。普段しないような遊びをおもいっきりやることで目をそらし、気分転換をするといいでしょう。

一度モヤモヤした気持ちがなくなれば、楽になります。

・誰かに相談してみる

ミスしたことについて誰かにアドバイスを求めたり、愚痴ったりしましょう。

自分の中にあるつらい気持ちを吐き出すことができます。ミスに対する対処法を言ってもらえることもあるでしょう。

まとめ

ミスをしてしまうと、ミスしたことで頭がいっぱいになり、憂うつな気分になります。

ミスを重ねる原因にもなってしまうため、対策が必要です。

ミスをしたときは、反省をした後は気持ちを切り替えることが大切です。自分にあった方法でミスに対処するといいでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク